FXという外貨投資の特徴

最近注目されているFX(外国為替証拠金取引)ですが、他と比べてどのような特徴があるのでしょうか?

FXは外国為替保証金取引とも呼ばれ、外国の為替を取引してその差益によって資産を運用するという外貨投資です。 FXは比較的に新しい外貨投資であり1998年の「外国為替及び外国貿易法」通称外為法の改正により可能になった資産運用の方法です。

実は、外為法改正した直後の当時は、様々な業者の参入により一時的に悪評の広まってしまいました。

証券会社の営業マンのような人が「絶対儲かる」と言って私たちを騙したり、倒産して投資していたお金が凍結されてしまったりと、本当に散々なことがありました。

 

そんな混沌とした時期があり、金融庁も動いて、2005年施行の改正金融先物取引法の適応を受ける事によって公平性や信頼性、透明性が向上し信頼の出来る外貨投資になりました。今ではFX業者も厳しい審査をパスした会社しか営業できませんし、勧誘も厳しく規制されており、また万一の倒産のときにも保全協会があるためきちんと資産は帰ってきます。

 

FX(外国為替証拠金取引)の特徴として、「通貨ペア」という売買の法則があります。

これは円/ドル、円/ユーロのように取引対象を決めて売買を進めるのが必要ということです。

 

また、FXを始める上で通貨ペアの選定というのも重要なことです。自分に向いている通貨ペアであれば利益の挙げられる投資家でも、苦手ペアであれば散々な結果になってしまいます。そういう意味で、得意ペアを上手く見つけて、あとは欲を出さずにそのペアを極めるというのが成功の近道です。

 

最近ではより多くの通貨ペアを提供する事がFX取り扱い業界での傾向としてあり、様々な通貨ペアを選べるようになりました。
日本国内で取引をするのですから通貨ペアは円/○○(外貨)というペアで取引を行ないます。

 

もう一つFXの特徴を挙げるとレバレッジという特徴的なシステムがあります。これは少ない投資で多くの資金を動かせるというシステムで例えば投資金額(証拠金、保証金)の数倍〜数十倍といったように投資金額による取引金額が自由に選定できるのです。

これは個人でも多くの利益を上げられる可能性を持ったシステムであり個人投資家で大きな利益を生む事の出来るシステムと言えます。しかし、その逆に過度のレバレッジを使用する事で短期間に投資した資産を失ってしまうというリスクもあります。

これらのFX(外国為替証拠金取引)の特徴として最大の特徴として自由度の高い投資という事が現在のFX人気に繋がっています。 自分の選定した「通貨ペア」を利用した取引を行い、自分の決めたレバレッジの倍率によりリスクまでの自分で自由に決められます。

 

この「通貨ペアの選択」と「レバレッジのかけ方(リスク許容度の設定)」を的確に設定できるかどうかが成否の分かれ目です。

前へ:外貨投資の魅力 ▲ このページの上に戻る 次へ:利益が出る仕組み
HOME | お問い合わせ | 運営者情報 |相互リンク